平成22年度 九州ソーシャルビジネス促進協議会 事業概要

我が国は、人口の減少と高齢化の進展、エネルギー・環境問題、国際的な市場競争の激化等の構造的な中長期的課題に直面しています。
こうした中で、地域の経済社会が持続的・安定的な成長を遂げるためには、地域社会の活力を高め、地域経済を牽引するような新たな産業と雇用を生み出す取組を加速させることが喫緊の課題です。

 

社会は少子・高齢化が進み、元気な高齢者の増加や女性の社会参画意識の向上などから社会活動の担い手が拡がっている反面、独居老人や限界集落の増加といった地域における課題は深刻さを増しつつあります。

 

また、財政の悪化等から国や地方自治体等が担っていた業務は縮小されるなどしており、地域・社会の課題をビジネスの手法を用いて解決するソーシャルビジネスに対する期待が高まっています。

 

一方、九州地域の次世代の成長を牽引力として期待される「環境・ソリューション産業分野」・「健康長寿産業分野」・「地域資源活用産業分野」(以下、「成長3分野」という。)は、3R(リデュース、リユース、リサイクル)の推進、高齢者の介護・福祉及び安全・安心対策、地域の特産品や観光資源の開発・掘り起こしなど、地域・社会の課題に対して地域住民自らが行動し、その対策の一翼を担うことが期待される分野でもあり、ソーシャルビジネスが九州地域の成長3分野の発展あるいは分野間連携の基盤となることが期待されています。

 

以上を踏まえ、平成22年度は九州地域の成長3分野を中心とした、地域のソーシャルビジネスの発展基盤の整備・促進を促す事業を実施し、九州地域の活性化に貢献して参ります。

 

 

平成22年度 主要事業

(1)地域のSB事業者及び多様な支援者とのネットワーク構築
  1.情報共有と情報発信、意見交換等のための場づくり
    地域ソーシャルビジネス支援会議(仮称)の開催

 

  2.九州地域のSB事業者の現状把握
    九州成長分野ソーシャルビジネス事例集(仮称)の作成・配布

 

  3.SB関連情報(政策・イベント等)の発信
    Sofiのホームページ、メルマガの活用促進

 

(2)SBに関する起業及び人材育成支援と各種のマッチングの促進
   1.起業促進と人材育成
    ・社会起業インキュベーション事業
     ビジネスプラン募集〜コンペ開催〜ハンズオン支援
    ・社会起業人材創出・インターンシップ事業
     受講者募集〜インターンシップ〜中間報告会〜インキュベーション事業への募集

 

   2.SBとの多様なマッチング
    ・成長分野別ソーシャルビジネスマッチング事業(仮称)の実施
    ・SB見本市への協力等

平成22年度 事業概要関連ページ

設立記念キックオフセミナー